予想

2021年中山記念の予想

中山記念◎ヒシイグアス好調の堀厩舎はここ最近在厩調整で結果を出していて、デムーロと縁が切れた今はルメール、石橋、松山とのコンビで好成績。 ヒシイグアスは本格化してきたハーツクライ産駒で、母ラリズはスプリンターですし、自身Haloの3×5のスピードと…

2021年阪急杯の予想

阪急杯◎レシステンシアダイワメジャー産駒らしいスピード馬で、とにかく溜め逃げではなくハイペースで押切りたいタイプ。 マイルではどうしてもキレのある馬にやられてしまうようになってきていますが、時計の出る内回り1400コースというのはベストな条件。 …

2021年京都牝馬Sの予想

京都牝馬S◎イベリスそこそこ時計の出る内前有利の馬場なので、アメリカンな血統の先行寄りの馬を重視して。 カナロア×ボストンハーバーのスプリント血統でも、1400ベストのイベリスから入りたいと思います。 ◯ギルデッドミラー ▲シャインガーネット ★アンリ…

2021年ダイヤモンドSの予想

ダイヤモンドS◎ブラックマジックディープインパクトに母はドイツのオークスやバーデン大賞を勝った重厚な血統のナイトマジックで、弟のグレートマジシャンも今年のクラシック有力馬と目されている良血馬。 大騒ぎされて空ぶったフォイヤーベルクから数年経っ…

2021年共同通信杯の予想

このレースは、近年皐月賞やらダービーやらNHKマイルに直結している、 かなりの重要ステップレースですね。 今年も良いメンバーが終結した印象。 ◎ステラヴェローチェ やっぱり実績と実力が抜けすぎていて、 さすがにこの馬以外に本命は打てないな、、、と。…

2021年京都記念の予想

京都記念 ◎サトノルークス 池江厩舎はここ最近不調ですが、、、 狙える条件に狙える馬が出てきたなという感じ。 サトノルークスはタッチングスピーチの全弟で、 母方サドラーズウェルズとアイリッシュリヴァーの影響が強い欧州型のキレない系ディープ産駒。 …

2021年きさらぎ賞の予想

きさらぎ賞◎ラーゴム今年は中京2000m使い込まれた中京芝は途中でコース変わりしたとはいえ、やはりタフ。 そうなるとパワーが活きるでしょうということで、阪神の坂でもグイッと伸びたパワー配合のラーゴムを軸にしたくなります。 オルフェに母方はファピア…

2021年根岸ステークスの予想

根岸ステークス◎メイショウテンスイ蛯名さんを本命にするのも、もしかしたらこれで最後かな?と思うと少し寂しい、、、 メイショウテンスイはダンカークにゼンノロブロイにマウンテンキャットという組み合わせなので、ミスプロ、ボールドルーラーにサンデー…

2021年シルクロードステークスの予想

シルクロードステークス◎ライトオンキュー混戦も混戦で斤量やらなんやら加味すると何が来るのか全く分からんので、、、素直に陣営と鞍上が勝負気配のライトオンキューから。 キーンランドカップは内の人気馬ダイアトニックを見て早仕掛けしたら、ダイアトニ…

2021年東海ステークスの予想

東海ステークス◎ハヤヤッコ○グレートタイム この2頭は金子オーナー持ち馬のキンカメ産駒なので当然ちゃ当然なんですが、血統もちょっと似ていてハヤヤッコがキンカメ×クロフネ×サンデー グレートタイムがキンカメ×フジキセキ×オーサムアゲインということで共…

2021年AJCCの予想

AJCC◎サンアップルトン条件戦時代から非根幹距離に強く、日経賞は強力メンバーで4着、オールカマーはドスローの瞬発戦でディープ牝馬がワンツーだったので度外視ということで、アルゼンチン共和国杯は坂を2度上がるタフな東京2500の舞台で3着に好走。 ゼンノ…

2021年日経新春杯の予想

日経新春杯◎バレリオ 和田竜二×相沢厩舎×ステゴ産駒で、舞台が中京2200という悪く言えば中途半端なコースですから、いかにも穴を開けてきそうな気配があります。 前々走はウラヌスチャームの2着で、そのウラヌスが昨日愛知杯で好走したのも後押しですし、1走…

2021年京成杯の予想

京成杯 ◎ディクテイター 新馬戦はタイム、レースぶり共に優秀。 この馬はルーラーシップに母系はヴィクトリーやアンライバルドなどの皐月賞や馬を出したバレークイーンの一族で、 京成杯もボーンキングが実績アリ。 母アンブロワーズも阪神JF2着馬ですから、…

2021年愛知杯の予想

愛知杯◎ランブリングアレー祖母はトーセンラー、スピルバーグを出したプリンセスオリビアで、この一族はトーセンラーもスピルバーグも、ランブリングアレーの兄のスヴァルナもそうですが、割と得意条件がかっちりしてるんですよね。その条件なら非常に安定し…

2021年フェアリーステークスの予想

フェアリーステークス◎シャドウファックス関東馬が強い(というより強い関西馬が来ない?)レースで、騎手も関東の中堅〜ベテランジョッキー中心に馬券になっています。 シャドウファックスは皐月賞で好走したタイガーカフェやフサイチジャンクを輩出したセ…

2021シンザン記念の予想

シンザン記念◎セラフィナイトシンザン記念は割と大物(とくに牝馬)の出る出世レースというイメージになっていますが、牡馬はけっこう渋めの馬が勝っていて、牡馬の大物勝馬というと近年ではミッキーアイルくらい、、、今年は中京ですが、久しぶりに牡馬の大…

2020年有馬記念の予想

有馬記念◎カレンブーケドール昨日のホープフルステークスのランドオブリバティを見て、改めてG1未勝利→初勝利の壁は大きいと感じました。。。 実力と戦ってきたメンバーレベルは随一のカレンブーケドール。2週続けて寮馬とぶつかりそうになるくらいの坂路追…

2020年ホープフルステークスの予想

ホープフルステークス◎ランドオブリバティ人気馬で決まるレースだと思いますが、舞台適正と前受けで走れる安定感は1番だと思います。 欧州血統が強いレースで、この馬はディープインパクトに母父ドバウィ、母母父スワーヴダンサーと血統も○ 三浦皇成初G1勝利…

2020年阪神カップの予想

阪神カップ このレースはとにかくリピーターが来るレース。 リピーターというのは馬単体だけのことではなくて、 厩舎も同じ厩舎が複数回ちがう馬で馬券になっているレースで、 特に藤沢厩舎は要注意。 騎手も外国人Jやリーディング級のジョッキーが結構上位…

2020年朝日杯フューチュリティステークスの予想

朝日杯フューチュリティステークス ◎ショックアクション阪神に舞台が変わってから、ノーザンダンサーの血を強く持った馬が人気でも人気薄でも台頭してきているレースで、特にノーザンテーストとダンチヒの血を持った馬は特筆。 アメリカ的なスピードの持続性…

2020年阪神ジュベナイルフィリーズの予想

阪神ジュベナイルフィリーズ 今年はユキチャン、ブチコ、ハヤヤッコなど個性的なダート馬を出しているシラユキヒメの一族から、ソダシとメイケイエールという2頭の3戦3勝馬が出走。 1番人気のソダシはキレイな白毛馬で、歴史的なG1勝ちが期待されてますね。…

2020年チャンピオンズカップの予想

チャンピオンズカップ◎タイムフライヤー昨年と同じ1番枠を引けましたが、昨年と大きく違うのは鞍上。昨年はジャパンカップを買った翌週で、使い切った感のあったマーフィーが騎乗。中京ダート1800は非常にトリッキーなコースで、流石の欧州の天才も対応出来…

2020年ステイヤーズSの予想

ステイヤーズステークス◎オセアグレイトとにかく欧州血統持ちの馬が強いリピートレースですが、、、今年はアルバートとリッジマンが高齢で全盛の力は無いのであまり信頼できず。 オセアグレイトはオルフェーヴル×バーリ(凱旋門賞馬サキーの父)×サドラーズ…

2020年ジャパンカップの予想

三冠馬が3頭出走という世紀の一戦になった今年のジャパンカップ。 以前メイショウサムソン、ウオッカ、ディープスカイという三世代のダービー馬が激突というジャパンカップが有りましたが、 その時以上の盛り上がりを見せていますね。 (ちなみにその時に買…

2020年京都2歳Sの予想

京都2歳S ◎https://blog.with2.net/link/?id=2001983 今年は機動力とパワーが求められる阪神2000の舞台。 ◎はエピファネイア×ディープインパクトという組み合わせで、 サンデーサイレンス4×3の機動力を活かしたレースぶりで、 前走は強豪ヨーホーレイクと差…

2020年東スポ杯2歳Sの予想

東スポ杯2歳S ◎レインフロムヘヴン 負けられないデムーロ×堀厩舎のドゥラメンテ産駒。 デムーロは、昨日のサリオスの敗戦、しかも5着という結果は相当遺憾だったハズで、 結果的に古馬の一流どころとの対決ではマイルの距離はスピード負けしてしまったとは言…

2020年マイルCSの予想

マイルチャンピオンシップ 昨日アップしたように、 今回はレシステンシアが作るハイペースを想定して、 その実績のある馬を上位に予想しました! ◎サリオス堀調教師が絶賛しているという逸材で、コントレイルのいる中距離の2戦は敗れましたが、マイルでは古…

2020エリザベス女王杯の予想

エリザベス女王杯 今年は阪神2200という宝塚記念と同じ特殊コースで行われますね。すごい好きなコースで、梅雨の宝塚記念は馬場も悪化してめっちゃタフなレースになりますが、今年は馬場は良さそうですね。 なかなかこれと言った馬が見つからず、、、思い切…

2020年アルゼンチン共和国杯の血統予想

アルゼンチン共和国杯◎サンアップルトン条件戦時代から非根幹距離に強かった馬で、日経賞は強力なメンバー相手に惜しくも4着でした。 オールカマーは離されてしまいましたが、ドスローからのスピード戦になり向かなかった可能性が高く今回のレース予想には参…

2020天皇賞秋の予想

天皇賞秋 ◎クロノジェネシス アーモンドアイのG1、8勝牡馬牝馬3冠で史上初ブームなので、この馬も快挙達成に大きな期待がかかっていますが、待ったをかけるのが牝馬の2頭 クロノジェネシスはアイビーステークスで高いパフォーマンスを発揮して、オークスでも…