2022年天皇賞春の予想

天皇賞


◎ディープボンド


大外枠でG1では勝ちきれない人馬なので、
もう少し人気落ちかな、、、?と思いましたが、やはり世間の評価も抜けていますね(^-^;

ディープボンドはイメージ通りにタフなレースに強い馬で、
上がりのかかる舞台やレースではとにかく勝ち負けまで来れるステイヤー
キズナに母父がダンシングブレーヴ系のキングヘイローでリファールのクロス持ち。
さらに天皇賞宝塚記念などタフさを求められるレースで強さを発揮する在来牝系の馬ですから、
持続力に特化した配合でこれは血統的にも最上位評価。

大飛びの馬なので、相対的に大外はマイナスにはならないのでは?とも思いますし、
そもそもコース的にも1コーナーまで距離があるので、内に閉じられてしまうよりはずっと良い。

恐らく陣営も絶好(唯一?)のG1チャンスだと思っていると思うので、
追い切りも良いですし軸には最適かと思っています。

一番人気だけではつまらないので、
人気薄で狙いたいのはユーキャンスマイル。
昨年よりも調整過程が良さそうなのと、
メンバーがかなり格落ちする今年は、
昨年札幌記念天皇賞秋、JC、有馬記念と一線級のレースを戦って来たこの馬の経験が活きるかと。
年齢は不安視されていますが、
昨年以上に中距離の一線級のスピードを持っている馬も見当たらないので😃


▲タイトルホルダー(逃げられれば)


マイネルファンロン


△ロバートソンキー(在来牝系)


△タガノディアマンテ(このレースのためにプール調教を徹底的に行ったスイマー)