【ノルマンディー】2022年度募集馬㉒タニノハイクレアの21

▽評価について

評価は以下の5段階とします。

◎(出資したい!)

〇(おすすめ!)

▲(要検討)

△(様子見)

×(候補対象外・・・)

 


■タニノハイクレアの21

 

 

牝馬  2021年2月25日生まれ

生産:新ひだか岡田スタッド

厩舎:栗東・杉山晴紀厩舎入厩予定

募集総額:2,720万円

1口出資額:68,000円

 


▽血統面

 

父:キズナ

母父:クロフネ

母母父:Be My Guest

 

ノルマンディーでこんな血統の馬を杉山先生に預託したら、

そりゃ高くても人気するわ(笑)という感じの馬ですね(^^

 

父のキズナ種牡馬としてどうかなあ・・・と思っていたのですが、

産駒の活躍ぶりは素晴らしいですねえ。。

既にディープ後継筆頭格の地位を確立した感で、

何よりも社台系の牧場からだけでなく、様々な生産牧場の産駒が活躍している点と、

距離も馬場も幅広い適性の産駒を出している点、

牡馬も牝馬も走っている点など、

産駒の活躍ぶりに穴が無いのも本当に素晴らしいです。

 

本馬の特徴は何と言っても、

Burghclere4x3の名牝系インブリードでしょう!

この牝系はディープインパクトを輩出したことで日本でも超有名な牝系となりましたが、

ディープ&ブラックタイドの全兄弟の他に、

マーメイドS勝ちのソリッドプラチナムNHKマイルカップ勝ちのウインクリューガーなども出しています。

(本馬はインヴァイトを経由するのでこちらのルート。ノルマンディーでは出資していたソルパシオンもこの一族でした。。。なつかしい。)

 

母父クロフネは以前にも記したように、

ディープ系との相性は抜群。

キズナとの組合わせでもテリオスベルやクリスティなどの活躍馬を出しています。

 

血統的な魅力は、価格に見合ったものがあるなという印象。

 

▽馬体面

 

馬体重は458Kgとちょうどよい感じで素晴らしい。

馬体は毛ヅヤの良さとメリハリのある筋肉が目立ちます。

 

写真も素晴らしいですが、

動画の歩様も気品が有って気迫を感じて、

トモの容量をはじめボリューム感もあって、素晴らしいですね。

 

rakuten:f032107-rikuzentakata:10000539:detail

総合評価:〇(おすすめ!)

 

これは文句なしに良い馬。

争奪戦の第一候補になるでしょうね。

個人的に出資対象ではない(価格面とクラブに求めるコンセプトとの相違)のですが、

すごく良い馬だと思いました。