2022年京成杯の予想

京成杯

 

https://blog.with2.net/link/?id=2001983

 

ハービンジャーとかバゴとか。

開催が進んで使われてきた中山の芝らしく、

重めの欧州血統が得意とするレースで、

キンカメの血も非常に好相性。

 

この馬は父ワールドエースなのでディープ×欧州で、

母父キンカメなのでまず血統的にはここぴったり。

 

あとは、関東馬が大半勝っているレースなので、

頭で狙うにはそれも○

 

そして何よりレースパフォーマンスも高く、

2走前のレースは直線早々に先頭に立って目標にされた分だけの負けで、

後続をちぎっての2着でタイムも優秀。

 

前走も直線前半は一度位置取りを悪くしながら、

抜群の加速力でさっと抜け出しての勝利で2枚は抜けて強く見えました。

 

今回主戦の騎乗停止により、

鞍上の復帰後初重賞勝利大チャンス。

中山の中距離G3、G2は得意な騎手ので、

乗り代わりで人気が無いのも美味しいと見て。

 

こちらも単複で。

人気馬があまりあてにしにくいですからね!

2022年日経新春杯の予想

日経新春杯

 

◎トラストケンシン

 

前日まではセオリー通り?中京2200で強い、武豊×友道厩舎のフライライクバードやら、

友道×金子HDのヨーホーレイクなんかに白羽の矢を立てようと思っていたのですが、、、

 

左回り×距離延長×非根幹×大外枠と条件が揃いに揃って揃いまくった上に、

人気的には空気のこの馬を本命にすることに。

 

ハーツクライに母父エルコンドルパサーという馬なので、

まず距離延長は間違いなくプラスだし、

中京ならスロー上がり勝負になりやすい2000から、

上がりのかかる底力型の2200もプラス。

 

大外が良いってどういう事?

と思われるでしょうが、

エルコンドルパサーの血統はおそらく揉まれず気持ちよく外を走った時、

というのは一つの激走パターンで、

有名なところでは大外枠で勝ったソングオブウインド菊花賞や、マリアライト宝塚記念なんかが正にそれ。

 

その他でもシュンドルボンの中山牝馬Sなんかもそうでしたし、

揉まれない少頭数のレースでの好走も目立ちます。

 

と思ってトラストケンシン自体の過去を調べてみると、

なんと勝ったレースはすべて左回り(東京)なのですが、

6枠が2回に8枠が2回とやはりあきらかに外枠巧者。

 

今日の愛知杯でもデゼルが外から良い脚で追い込んできてましたし、

差し向きの展開になれば一発あると思います。

 

複勝負で(^o^)

【ノルマンディー】2021年度募集馬㊹リルティングインクの20

リルティングインクの20

 

f:id:redfray:20220110094519j:plain

 

牝馬  2020年4月22日生まれ

生産:新ひだか岡田スタッド  

美浦天間昭一厩舎入厩予定

募集総額    880万円
1口出資額    22,000円

 
血統評価:C(SS〜Cの5段階評価)

 

父:ロージズインメイ

母父:マツリダゴッホ

母母父:ヤマニンスキー

 

ロージズインメイはHalo系のデヴィルズバックラインの種牡馬ですので、

系統的にはタイキシャトルに近しい。

 

タイキシャトルも割と牡馬優位のコルトサイアーでしたが、

ロージズインメイも活躍馬はほとんど牡馬に偏っています。

重賞勝利も4勝有りますが、全て牡馬。

 

母の父がマツリダゴッホというのはまだサンプルが少ないのですが、

いまのところサンデーサイレンス孫世代の種牡馬であるジョーカプチーノフェノーメノなどとの組み合わせから、

ダートやスプリントの活躍馬が出ています。

 

この馬もスプリントに適正がアリそうな血統ですが、

芝・ダートはどちらでもやれそう。

逆に言うと、飛び抜けた武器は無さそうな印象です。

 

母のリルティングインクも小柄な馬体でかなり丈夫に走った馬ですので、

推し材料といえばその点かなあ。

 

馬体評価:B(SS〜Cの5段階評価)

馬体はメリハリが効いていていい感じで、

歩様も悪くないように感じました。

 

ただ上記したように芝ダートのスプリント〜マイルで戦っていくイメージを考慮すると、

まだ馬格が全然足りないかなあ・・・

今の体系的にこれからそこまで大きくなりそうな感じも受けないので、

馬体重不安と付き合っていく馬になるのかなあ、と現時点では思ってしまいます。

 

総合評価:B(SS〜Cの5段階評価)

 

価格が圧倒的に安価ですが、

おそらく満口にはならなそうなので、

少なくとも現段階では様子見というところかな。

 

 

【ノルマンディー】2021年度募集馬㊸マルーンドロップの20

マルーンドロップの20

 

f:id:redfray:20220110091409j:plain

 

牝馬  2020年4月4日生まれ

生産:新ひだか岡田スタッド  

栗東吉村圭司厩舎入厩予定

募集総額    960万円
1口出資額    24,000円

 

血統評価:S(SS〜Cの5段階評価)

 

父:ゴールドシップ

母父:コンデュイット

母母父:ヤマニンスキー

 

一口馬主募集馬の血統評価はレース出走馬の血統評価と違っていて、

やはり「出資コスト」というのが大きな要素としてある理由ですし、

長く付き合うという意味では厩舎との相性も大いに考慮すべき材料。

 

その点、この募集額でゴールドシップの産駒が募集された時点で、

まずは「目をつぶって買い!」という人が一定数いるだろうなと。

パッと見た時点で大人気になりそうだな、と。

その時点で一口出資馬としては高評価な理由です。

 

父のゴールドシップは言わずもがなの素晴らしい種牡馬で、

正直ここまでのポテンシャルを秘めた種牡馬になるとは思えませんでした。

 

とにかく長距離適性が素晴らしく、

その上で上級産駒は重すぎず、中距離でもスピード負けしない。

またノーザンファーム生産馬主流の現代競馬において、

これだけ主流から逸れたところから中長距離の一流馬を輩出してくるのですから、

まさにステイゴールド系の正統後継者とも言うべき種牡馬だと思っています。

 

産駒は比較的母父にスピードのある米国血統馬との相性が良さそうですが、

本馬母父がコンデュイットという事で、

欧州Darshaan系の種牡馬

セントレジャーキングジョージ制覇や、BCターフの連覇など素晴らしい実績を持つ一流馬で、来日してJCでも4着と健闘しました。

 

似た配合の馬としては万葉Sを勝って、

今年の天皇賞春にコマを進めたら面白そうなマカオンドール(母父がDarshaanで母母父がノーザンダンサー系)なんかと、近しい配合です。

 

※ただ・・・マカオンドールはバゴと同じ牝系ですので、

向こうの方が圧倒的に血統ポテンシャルはアリそうですが。。

 

 

馬体評価:A(SS〜Cの5段階評価)

 

単体で見ると馬体重は450とそこそこなものの、

かなり薄くてまだ力の無さそうな感じ。

 

ただ立ち写真はそんな感じですが、

この馬は動画で見ると上記のような懸念点はあまり感じず、

動きも良さそうに見えますね。

 

血統的にはステイヤーで、

2400〜3000あたりで良さそうかな?と思っている馬なので、

それを考慮するとほっそりした馬体も適正範囲なのかな、と。

 

ただネックとしては、

やはり仕上がりのスピードや2歳〜3歳戦では距離不足とかスピードで苦労するんじゃないかな?というところですね。

オークスに出てほしいのに、出走までこぎつけるのにかなり苦労しそう・・・みたいな。

マカオンドールは血統の割に仕上がり早の馬だと思いましたが、

それでも明らかに古馬になって花咲いてますからね。

 

総合評価:S(SS〜Cの5段階評価)

 

まあ不安は有りますが、

それでもこの価格でゴルシ産駒を攻められるというのは大きな魅力ですよ。

さらに言うと結構長期視点になってしまいますが、

スタミナがアリそうな馬で繁殖牝馬としても期待できる点も、

牝馬としてはプラスですね。

2022年フェアリーステークスの予想

フェアリーS

 

https://blog.with2.net/link/?id=2001983

 

私が競馬を始めた10年以上前の頃は、

それこそ玉石混交・・・どころか非常にレベルの低いレースで、

好走馬はその後クラシックや重賞などで活躍できない馬が多かったのですが、

最近はノーザンFの使い分けもあって?レベルが上がってきた感のあるこのレース。

 

本命馬は母がコディーノチェッキーノといった藤沢厩舎のクラシック活躍馬と半兄弟姉妹で、

その母も新馬戦勝ちから赤松賞を3着して、

一番人気でこのレースに出走しました(結果は8着)

 

ハービンジャー産駒も悪くは無かったのかもしれませんが、

一族の活躍馬の割合や、

母のあと再度キンカメ系の種牡馬に戻していることなどを考えると、

特にクラシック路線を戦っていく仕上がりの早さ面も考慮すると、

やはり父キンカメ系種牡馬との組み合わせがベターなのかな?と。

 

血統的には申し分ないポテンシャルですが、

前走の新馬戦もレベルは悪くない。

相手は強いとは思いませんが、

小柄でピッチ走法のこの馬は本質的には小回り向きのマイラー〜中距離馬だと思いますので、

東京1400であの勝ち方なら十分及第点。

 

かつこの日は稍重で時計がかかっていた馬場で、

同日の3歳1勝クラス(実は、このレースは本命馬の叔母が勝利してました)よりも、

新馬戦の方が0.1秒早いタイムでしたし、

メインの富士Sが1.33.2の勝ち時計なので、それと比較しても及第点。

 

という事で中山変わりが他の有力馬よりもプラスになりそうで、

血統、前走ポテンシャル、鞍上ともに文句なしのこの馬が本命。

 

人気馬不安の荒れるレースなので、

複勝妙味もあると見て単複で勝負します!

 

【ノルマンディー】2021年度募集馬㊷ヘレナモルフォの20

ヘレナモルフォの20

 

f:id:redfray:20220108163524j:plain

 

牝馬  2020年2月22日生まれ

生産:新ひだか岡田スタッド  

美浦・宮田敬介厩舎入厩予定

募集総額    1,160万円
1口出資額    29,000円

 

血統評価:S(SS〜Cの5段階評価)

 

父:リオンディーズ

母父:ジャングルポケット

母母父:サンデーサイレンス

 

リオンディーズはキャリア2戦目で朝日杯に出走し、

武豊の記録がかかった連勝中の一番人気エアスピネルをあっさり差し切った天才ホース。

 

しかし3歳でのキャリアは非常に悔いが残る結果となり、

弥生賞では後のダービー馬マカヒキに目標にされて差され、

皐月賞では早め先頭に立つも指し有利の展開となってしまい、

結果的に最終戦となったダービーではスタートが悪く後方から進めたら、

直線で前に届かずに不完全燃焼という結果。

 

結局ダービーを最後に、怪我で引退となってしまいました。

 

キャリアでは圧倒的に半兄エピファや半弟サートゥルに及びませんが、

血統的なポテンシャルはこの馬が最高。

キングカメハメハ×シーザリオという配合は、

日本競馬で考えうる最高の配合と言えるのでは無いでしょうか。

そういった意味ではルーラーシップや、ドゥラメンテと近い存在ですね。

 

さて、この馬はそんな父に母父がジャンポケ。

サンデーサイレンス4×3のインブリード装備。

正直牝系は非常に地味ですが・・・母はJRAの芝2000や1800で勝利し、

クラシックトライアルレースにも出走した馬です。

 

父父のキンカメがヌレイエフ内包。

父母のシーザリオサドラーズウェルズ内包。

そして母父のジャングルポケットもヌレイエフ内包という事で、

名牝Specialのパワーと底力が良い方に発揮されれば、

大レースで活躍してもおかしくない馬だと思えるのですが。

 

高速馬場よりは、

中山や阪神の急坂コースで時計がかかった芝が合いそうなイメージですかね。

 
馬体評価:S(SS〜Cの5段階評価)

 

馬格もそこそこあって、かつ立ち写真もボリューム感あり。

歩様動画もきびきびと歩けている印象で良いと思いました。

 

一次募集のピッツネイル20(オルノア)の歩様動画が最高だったので、

それと比べると流石に見劣ってしまう感じは有りますが・・・

2次募集馬の中では上位だと思います。

 

血統イメージ通り腹袋がしっかりしていてパワーがありそうな馬体。

まるっとしたマイラー体型ですが、

距離も意外にこなせるんじゃないでしょうか。

 

 

良いですね。

価格も安く、厩舎も父も新進気鋭で、

今年はインダストリアが大舞台を狙っている組み合わせ。

 

大舞台にコマを進められるかどうかまでは自信が有りませんが、

芝のマイル〜中距離で堅実に走ってくれそうな感じがします。

【ノルマンディー】2021年度募集馬㊶ナンヨーユナの20

ナンヨーユナの20

 

f:id:redfray:20220108160521j:plain

 

牝馬  2020年3月6日生まれ

生産:新ひだか岡田スタッド  

美浦小島茂之厩舎入厩予定

募集総額    1,200万円
1口出資額    30,000円

 

血統評価:S(SS〜Cの5段階評価)

 

父:エピファネイア

母父:ジャングルポケット

母母父:サンデーサイレンス

 

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのエピファネイア産駒ですが、

まずエピファネイアという種牡馬について個人的に反省している点があって、

それは「言ってもシンボリクリスエス産駒」という事で、

デアリングタクトが出る前まではロベルト系のプロトタイプに当てはめてしまって、

牝馬の産駒を正当に評価出来なかった点です。

 

この種牡馬リオンディーズなんかも今後良い繁殖を付けられるとそうなって来ると思うんですが、

とにかくシーザリオの良さが産駒に出ますね。

 

つまり東京1600〜2400だとか、

阪神1600だとかの王道コースで強い。

そして結構不器用な面もあって、揉まれ弱い。

 

父のエピファネイアもそんなタイプで、

皐月賞やダービーを取りこぼしたり、

古馬になってもなんか噛み合わずに、

結局最強の走りを見せたのは「教育」の鎖を完全に外して、

ハイレベルメンバーの作り出すペースと重い馬場を気持ちよ〜く走らせた、

ジャパンカップでした。

そういったメンタル面や不器用さも実力のうちだというのは分かっているのですが、

エピファネイアという馬のポテンシャルはあんな戦績に収まるものではなかったと、

今でも思っています。

 

少し話が脱線しましたが・・・

この馬はそんな父の産駒の中で、

破格の一口30,000円という出資額。

 

正直、もうそれだけで出資を決めてもいいレベルの価格だとは思いますが笑

サンデーサイレンス3×4のトレンドインブリードも備えています。

 

そしてこの馬は母父がジャングルポケットですが、

エピファネイア産駒はとくに牝馬の産駒が、

母父キングカメハメハで成功しているので、

同じヌレイエフ保有のダービー馬であるジャンポケというのは、

良いんじゃないでしょうか。

 

ただ、母父キンカメはそれ以外でも大成功していますが、

母父ジャンポケは一番成功した馬がミッキースワローというところで、

少しスケールダウンは否めませんが。

 

トニービン系というのも、

サンデー×トニービンハーツクライが母父に入って、

エフフォーリアが成功しているので、良いのではないかと。

 

馬体評価:B(SS〜Cの5段階評価)

 

まあね。

これで馬格もあって馬体もよかったら、

この価格にはなりませんよな。

 

芦毛なのも有りますが、立ち写真でもまだメリハリに欠ける印象なのと、

パッと見た印象通り、

まだ小さくて幼い女の子という感じで・・・

競走馬として他の良血馬たちと伍して走っていくイメージが、

まだ全然持てませんでした。

 

動画の歩様は、良くも悪くもという感じですかね。

現段階では、明らかに成長待ちの段階かな。

 

総合評価:A(SS〜Cの5段階評価)

この価格でエピファ産駒に出資出来るなんて、

この馬くらいなんじゃ・・・とは思いますが、

父も今や一番の人気種牡馬で種付け頭数も多いですからね。

 

その中ではどうなのか・・・と言われると自信が持ちづらいかな(^_^;)

 

まだでも、価格を考えたら全然有りかなと思いますが!