2021年中山記念の予想

中山記念
◎ヒシイグアス
好調の堀厩舎はここ最近在厩調整で結果を出していて、
デムーロと縁が切れた今はルメール、石橋、松山とのコンビで好成績。

ヒシイグアスは本格化してきたハーツクライ産駒で、
母ラリズはスプリンターですし、自身Haloの3×5のスピードと機動力を持つ馬なので、
短縮も問題ないと見ます。

◯クラージュゲリエ
フェアリードール牝系の小回り急坂巧者。

今回ルメール手配での前哨戦で、
賞金加算意欲が非常に強く感じます。

追い切りは相変わらず良くないですが、
それは元々なので。


https://blog.with2.net/link/?id=2001983
前走は重馬場の中山という舞台で血統的に期待していましたが、この馬自信は良馬場のほうが良いのかなというレースぶりで全くでした。
馬場が悪すぎたのかも?(*_*)

中山、非根幹という舞台は良いと思うので今回は短縮がどうかですが、良馬場で見直しを!

2021年阪急杯の予想

阪急杯
◎レシステンシア
ダイワメジャー産駒らしいスピード馬で、
とにかく溜め逃げではなくハイペースで押切りたいタイプ。

マイルではどうしてもキレのある馬にやられてしまうようになってきていますが、
時計の出る内回り1400コースというのはベストな条件。

今回追切も超抜時計で、
ここは人気で逃げの苦手な北村友でもさすがに信頼。

◯ザイツィンガー
この馬はドリジャ産駒らしく延長巧者で、
本格化してからの勝利は1200→1400の延長戦。

それと母父クロフネらしい揉まれたくなさというか、
最後の最後で外から差してくるようなレースが得意そうなので、
今回外目の枠、レシステンシアがハイペースで飛ばす(ハズ)+それを早めに捕まえたい各馬という構図で、
どうしてもラスト1Fはラップ急落のタフなレースになりそうで。
差してくるならこの馬かなぁと。

▲クリノガウディー
追切の良い1400ベターで急坂巧者。

 

2021年フェブラリーSの予想

フェブラリーS
ソリストサンダー
他に重賞好走馬が少ない種牡馬だったり、
重賞好走馬すらいないようなマイナーな種牡馬が馬券になる傾向が掴みづらいレースですが、
やっぱりワンターンで直線の長いコースということで、
長く、柔らかい末脚を繰り出せる血の相性が良いようです。

調べたところ、
やっぱりナスルーラだったりハイペリオンだったりプリンスキロだったり、
芝でも長い脚を使う東京コースを得意としているような血統を、
豊富に持つ馬が過去も好走しているのがこのレース。

ソリストサンダーは東京1600の2度の2着で、
一度目は相手がルヴァンスレーヴたったし、
二度目は久しぶりの東京マイルで重賞レース。

それをかなりの早仕掛けから直線早々に先頭に立って目標にされてのもの。
トビーズコーナーチーフズクラウン(セクレタリアト持ち)で母方にラウンドテーブルクロス。
この馬自身も母方にブライアンズタイムにラウンドテーブル持ちとナスルーラハイペリオン豊富な中距離馬。

気性の問題でスプリントを使われていたスピードが、
ここで活きるハズで枠も絶好のところを引けたので。

 

◯レッドルゼル
陣営の距離不安発言の連発のお陰で人気は落ちてる感じですが、まあ距離不安は本当なのかなと。
ただ個人的にカナロア自身もそうでしたが、
産駒も割りと距離延長を苦にしない馬が多いので、
200の延長で初マイルでもいけるんじゃないかなと。

つまり陣営の距離不安も、どちらかというと「やってみないと分からないけど、長そう、、、かも」というニュアンスなんじゃないかと(笑)

 

安田厩舎でも坂路追いですし、
状態も自信ありそうなので、
陣営も実は距離延長をこなす可能性も結構あるとかんがえているんじゃないか、というほうに賭けて。
父カナロアがキンカメ×ストームキャットで、
そこに母父フレンチデピュティ
母系にもSpecial(ハイペリオン×ナスルーラ)を持つ馬で、
G1を取るとしたらココしかない!という配合。

 

エアスピネル
キンカメ×サンデーというベルシャザール、ユラノトが好走したパターン。
ただ先輩達も勝ちきれてないのと、
エアスピネル自身は少し血統からダート要素が少ないので、頭は厳しいと。
ただ安定して上位には来るイメージのわりに、人気が無さすぎるかなと。

芝スタートのコースでは、

サンライズノヴァには二度負けていますが好走しているし、

今回はG1で不器用なノヴァと比べると、

経験豊富なエアスピネルのほうに理があると見ています。

 

△ワイドファラオ


△ワンダーリーデル


https://blog.with2.net/link/?id=2001983

2021年京都牝馬Sの予想

京都牝馬S
イベリス
そこそこ時計の出る内前有利の馬場なので、
アメリカンな血統の先行寄りの馬を重視して。

カナロア×ボストンハーバーのスプリント血統でも、
1400ベストのイベリスから入りたいと思います。

◯ギルデッドミラー


▲シャインガーネット


★アンリミット

3連複一頭軸で😃

2021年ダイヤモンドSの予想

ダイヤモンドS
◎ブラックマジック
ディープインパクトに母はドイツのオークスバーデン大賞を勝った重厚な血統のナイトマジックで、
弟のグレートマジシャンも今年のクラシック有力馬と目されている良血馬。

大騒ぎされて空ぶったフォイヤーベルクから数年経って、やっと良血の力が発揮されてきたのかなと。

東京3400の奇抜なコースなのでトニービン
持ちから、、、がセオリーなのでしょうが、
初重賞挑戦のディープ産駒で、
母方が重厚なクラシックディスタンサーという重めな組み合わせは、
いかにもこのイレギュラーコースに向きそうで😃

 

◯ポンデザール

オーソリティ

△タイセイトレイル

ヒュミドール

血統入門【第28回】北米活性血統の頂点ミスタープロスペクター

偉大なる世界的サイアーであるノーザンダンサーの母の父として、

今日まで世界中の競馬シーンに影響を与え続ける、

「グレイゴースト(灰色の幽霊)」と呼ばれた芦毛の名馬ネイティヴダンサー

 

 

redfray.hatenablog.com

 

彼は、自身のサイアーラインの拡大という点でも、

ノーザンダンサーに勝るとも劣らない、

世界的なサイアーを輩出することになりました。

 

ネイティヴダンサーの産駒であり、

6ハロン以上のレースには一度も出ていないにも関わらず、

後続に大差をつけ、コースレコードを連発した異端のスピード馬、

レイズアネイティヴ

 

そして快速の異端児は種牡馬となって、

後に「20世紀最高の種牡馬」として世界中にその名を轟かせる事となる、

稀代の名サイアーを輩出します。

 

日本競馬でも「ミスプロ」の愛称で親しまれ、

数多くの後継馬たちがターフで、ダートで大活躍している、

ミスタープロスペクターです。

 

ミスタープロスペクター(1970年 アメリカ産まれ)

 

 

Mr. Prospector.jpg

 

ミスプロの父は2歳シーズンのみアメリカで活躍し、

通算成績4戦4勝の異端の快速馬レイズアネイティヴ」。

父にネイティヴダンサーの血を持ち、

母父にテディの血を引く「ケースエース」

母母父にマンノウォーの血を引くアメリカンフラッグ」という、

北米の活性血統の掛け合わせによって誕生したスプリンターでした。

 

母のゴールドディガーは「金鉱採掘者」の意味を持つ馬名で、

35戦して10勝(うちステークス競走5勝やケンタッキーオークス2着)という、

優れた競走成績を誇った馬でした。

 

ミスタープロスペクターという馬名は「探鉱者」という意味であり、

ミスプロは母から連なるこの馬名と共に、

母父である「ナシュア」や母母父である「カウントフリート」といった、

逞しい血統の活力やスピードとパワーを受け継ぎました。

 

今では「仕上がりの早い血」としてのイメージが強いミスプロですが、

意外にも彼自身は2歳シーズンは脚部不安のため全く出走せず、

3歳の2月にデビュー戦を迎える事となります。

 

ダート6Fの未勝利戦でデビューし、いきなり12馬身差をつける圧勝でその素質を見せつけます。

 

続いて出走したダート7Fの一般競走を勝利し、次走のダート6F戦の一般競走も1.07.8の

ガルフストリームパーク競馬場コースレコードで快勝。

そのスピード能力の高さは証明されましたが、

その後ダート8.5F戦の一般競走は3着、ダート8F戦のダービートライアルSでは2着と勝ちきれず、

5戦3勝の戦績で3歳シーズンを終えました。

 

3歳時はその勝ちっぷりの鮮やかさから、

同期であった最強馬セクレタリアトの対抗馬としてクラシック出走のプランも上がったほどですが、

ダービートライアルS後の剥離骨折の発覚で結局クラシックへの出走は叶いませんでした。

 

4歳シーズンの初戦。

ダート6Fの一般競走を勝利すると、続くダート6FのポーモノクH(G3)で3着に入線。

ダート7FのロイヤルポインシャナHでは2着でしたが、

この時の勝ち馬は1.21.0というコースレコードを出しています。

 

そしてその次走。

ワーラウェイHをガーデンステートパーク競馬場のダート6F戦のコースレコードである、

1.08.6という好タイムで快勝しました。

 

その後はダートの6F戦で2勝し、引退レースとなったダート6FのG3レースで2着に好走し、

4歳時は9戦4勝のキャリアで競走馬生活を引退。

 

通算戦績は14戦7勝。

ダート6Fのスプリント競走で2度のレコードを出しましたが、

重賞は2度の2着があったものの勝つことはできませんでした。

そしてマイル以上のレースでは優れた成績を上げられなかったため、

「競走馬としてのミスプロは生粋のスプリンターだった」と言えるでしょう。

 

 

種牡馬としてのミスタープロスペクター

 種牡馬としての世界的な活躍と存在感を考えると、

その競走成績は意外にも地味だったミスプロ

しかしその身体に秘めた一流のスピード能力は、

種牡馬になってこそ真価を発揮しました。

 

そしてそれだけでは有りません。

種牡馬として最も重要と言える能力である、

「母系の良さやスケールを最大限に活かす力」

この能力が最上級であったことが、

多彩な才能を有した産駒や後継を輩出し、

ミスプロを世界的なサイアーへと押し上げました。

 

以下は、ミスプロの産駒として活躍した競走馬であり、

サイアーラインを築いた馬たちです。

(※あまりにも活躍馬や後継馬が多いので、特に重要な馬はまた別の機会に詳細を書いていきたいと思います。)

特に重要な後継種牡馬は、太字で記載します。

※赤字は牝馬の産駒

 

【1977年産まれ】
ファピアノ1981年メトロポリタンハンデキャップなど)

 アンブライドルド (1987産まれ)

  アンブライドルズソング(1993年産まれ)

   →ダンカーク(2006年産まれ) 

  エンパイアメーカー(2000年産まれ)

   →バトルプラン(2005年産まれ)

  →レディバラード(1997年産まれ)

   →ダノンバラード(2008年産まれ 父ディープインパクト

 

【1978年産まれ】
ミスワキ(1980年サラマンドル賞など)

 →ブラックタイアフェアー(1986年産まれ)

 →アーバンシー(1989年産まれ)

  →ガリレオ(1998年産まれ 父サドラーズウェルズ

  →ブラックサムベラミー(1999年産まれ 父サドラーズウェルズ

        →シーザスターズ(2006年産まれ 父ケープクロス

 

【1979年産まれ】
クラフティプロスペクター (ガルフストリームパークH2着など)

 アグネスデジタル(1997年産まれ)


【1983年産まれ】
●ウッドマン(フューチュリティSなど)

 →ヘクタープロテクター(1988年産まれ)

 →ティンバーカントリー(1992年産まれ)

  →アドマイヤドン(1999年産まれ)

 

1984年産まれ】
アフリート(1987年ジェロームハンデキャップなど)

 →スターリングローズ1997年産まれ)

 →バンブーエール(2003年産まれ)

 →ミリオンディスク(2004年産まれ)

 

ガルチ (1987年・1988年メトロポリタンハンデキャップ、1988年ブリーダーズカップ・スプリントなど、G1を7勝)

 →サンダーガルチ(1992年産まれ)

 →イーグルカフェ(1997年産まれ)

 

ゴーンウェスト (1987年ドワイヤーステークスなど)

 ザフォニック(1990年産まれ)

  →ザール(1995年産まれ)

  →シェンク(1996年産まれ)

   →マルカシェンク(2003年産まれ 父サンデーサイレンス) 

 →ミスターグリーリー(1992年産まれ)

 →イルーシヴクオリティ(1993年産まれ)

  →スマーティージョーンズ(2001年産まれ)

  →レイヴンズパス(2005年産まれ)

   →タワーオブロンドン(2015年産まれ)

 →ザミンダー(1994年産まれ)

  → ザルカヴァ(2005年産まれ)

 →スパイツタウン(1998年産まれ)

  →リエノテソーロ(2014年産まれ)

  →マテラスカイ(2014年産まれ)

  →モズスーパーフレア(2015年産まれ)

    →ケイムホーム(1999年産まれ)

     →インティ(2014年産まれ)

 

ジェイドハンター(1988年ドンハンデキャップ、ガルフストリームパークハンデキャップなど)

 →スツーカ(1990年産まれ)

 

マイニング(1988年ヴォスバーグステークスなど)

 →ローミンレイチェル(1990年産まれ)

  →ゼンノロブロイ(父サンデーサイレンス 2000年産まれ)

   →サンテミリオン(2007年産まれ)

   →ペルーサ(2007年産まれ)

 

【1985年産まれ】
シーキングザゴールド(1988年ドワイヤーステークス、スーパーダービーなど)

 →シーキングザパール(1994年産まれ)

  →シーキングザダイヤ(2001年産まれ 父ストームキャット

 →マイネルラヴ(1995年産まれ)

 →ドバイミレニアム(1996年産まれ)

  →ドバウィ(2002年産まれ)

 

フォーティナイナー(1987年フューチュリティステークス、シャンペンステークス、1988年ハスケルインビテーショナルハンデキャップトラヴァーズステークスなど)

 →トワイニング(1991年産まれ)

 →エンドスウィープ(1991年産まれ)

  →サウスヴィグラス(1996年産まれ)

  →スウェプトオーヴァーボード(1997年産まれ)

   →パドトロワ(2007年産まれ)

   →レッドファルクス(2011年産まれ)

   →オメガパフューム(2015年産まれ)

  →プリサイスエンド(1997年産まれ)

  →スイープトウショウ(2001年産まれ)

  →ラインクラフト(2002年産まれ)

  アドマイヤムーン(2003年産まれ)

   →レオアクティブ(2009年産まれ)

   →ハクサンムーン(2012年産まれ)

   →セイウンコウセイ(2013年産まれ)

   →ファインニードル(2013年産まれ)

 →コロナドズクエスト(1995年産まれ)

 →ダイワパッション(2003年産まれ)

     →エポカドーロ2015年産まれ 父オルフェーヴル)  

 

【1987年産まれ】
ジェイドロバリー (1989年ジャン・リュック・ラガルデール賞〈フランスグランクリテリウム〉など)

 

マキャベリアン(1989年モルニ賞、サラマンドル賞など)

 →ストリートクライ(1998年産まれ)

 →ストーミングホーム(1998年産まれ)

 

【1988年産まれ】
スキャン(1991年ジェロームハンデキャップ、ペガサスハンデキャップなど)

 

【1990年産まれ】
キングマン(1993年プール・デッセ・デ・プーランフランス2000ギニー〉、セントジェームズパレスステークスムーラン・ド・ロンシャン賞など)

 エルコンドルパサー(1995年産まれ)

  →ヴァーミリアン(2004年産まれ)

 →キングズベスト(1997年産まれ)

  →ワークフォース2007年産まれ)

  →エイシンフラッシュ(2007年産まれ)

  キングカメハメハ(2001年産まれ)

  ※キングカメハメハ系は別途記載します。

 

【1991年産まれ】
●アワエンブレム(カーターH2着など。重賞勝ちなし)

 →ウォーエンブレム(1999年産まれ)

  →ブラックエンブレム(2005年産まれ)

  →ローブティサージュ(2010年産まれ)

 

【1992年産まれ】
スマートストライク(1996年フィリップ・H. アイズリンハンデキャップなど)

 →ブレイクランアウト(2006年産まれ)

 

【1997年産まれ】
フサイチペガサス(2000年ケンタッキーダービーなど)

 

【1998年産まれ】
アルデバラン(2003年サンカルロスハンデキャップ、メトロポリタンハンデキャップ、フォアゴーハンデキャップなど)

 

 

上記のように、

北米でも欧州でも日本でも、

そして短距離でも長距離でも、

ダートでも芝でも活躍する産駒たちを輩出し、

その血を拡大させ続けています。

 

「この世に生き残る生物は,最も強いものではなく,最も知性の高いものでもなく,最も変化に対応できるものである。」

というダーウィン進化論の格言。

 

それを最も体現して世界に繁栄を築いた、

偉大な種牡馬ミスプロ

 

彼自身の凡庸な競走成績は、

まさにその予見だったのかもしれません。

 

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた(^o^)

2021年1月の一口馬主収支

さあ!2021年が始まりました!

というか、あっという間に2月も半分過ぎているという・・・(^_^;)

本当に年々時間が経つのが早く感じられて怖いです。

 

さて、そんな21年最初の一口馬主収支ですが、

以下のような結果でスタートを切りました。

 

2021年1月収支
   
【支出合計】 28,452
■ノルマンディーOC  
出資馬 支出
プレシャスメール(2口) 2,072
月会費 1,100
合計 3,172
   
■東京サラブレッド  
出資馬 支出
レッドフレイ 1,500
レッドランサー 1,500
レッドクレオ 1,500
レッドスプリンガー 1,500
レッドカルム 1,500
レッドライデン 1,500
レッドルピナス 1,500
ルージュフェリーク 1,500
ルージュジェイム 1,500
レッドメデューサ19 8,700
月会費 3,080
合計 25,280
   
【収入合計】 10,916
■ノルマンディーOC  
出資馬 収入
プレシャスメール(2口) 0
合計 0
   
■東京サラブレッド  
出資馬 収入
レッドフレイ 0
レッドランサー 0
レッドクレオ 2,889
レッドスプリンガー 1,596
レッドカルム 1,783
レッドライデン 3,740
レッドルピナス 0
ルージュフェリーク 908
ルージュジェイム 0
合計 10,916
   
2021年1月総合計 -17,536

 

 

 

初月からマイナスという苦い結果・・・

 

内訳としては、

レッドクレオスが昇級戦の3勝Cで7着。

レッドスプリンガーが川崎で1着!(21年出資馬初勝利!)

レッドカルムが1勝Cで7着。

レッドライデンが2勝Cで5着→9着。

ルージュフェリークが新馬戦で13着。

 

というなかなか苦目な結果でした・・・

 

 

2月はフレイ(OP戦で3着)、ライデン(東京で巻き返しを)、ランサー(2勝Cで4着→再度出走予定)

が出走予定となっており、

ライデンかランサーの好走が重なればプラス収支も見えているという状況だけに、

なんとか頑張って欲しいところ(^_^;)

 

今はマイナスサイクルの時期ですが、

プラスサイクルの時期になったときに大きなプラスで、

今年こそ年間収支をプラスに出来るようにしたいと思います。

 

ノルマンディーは今のところマイナスにしかなっていない現状ですが・・・

チャンスがあれば今年の募集馬にも出資したいと考え中。

3次募集馬に期待!!

 

今年も全馬大きな怪我なく、無事な競走生活を過ごせますように。