2020年東スポ杯2歳Sの予想

東スポ杯2歳S

 

◎レインフロムヘヴン

負けられないデムーロ×堀厩舎のドゥラメンテ産駒。

 

デムーロは、昨日のサリオスの敗戦、しかも5着という結果は相当遺憾だったハズで、

結果的に古馬の一流どころとの対決ではマイルの距離はスピード負けしてしまったとは言え、

今日のこの馬では負けられないと思っているハズ。

 

この馬は半兄姉も非根幹距離が得意な馬が多く、

かつ1400〜1800を主戦場にしている馬ばかり。

とすると、

1800変わりの今回はベスト条件の可能性が高く。

ここは頭から狙いたいと思います。

 

○ダノンザキッド

新馬戦優秀。

かつ前哨戦で強い鞍上と血統でここでは有力視。

 

▲ジュンブルースカイ

近親にマカヒキなどがいる名血。

友道厩舎×武豊の遠征でここは勝負がかりでしょう。

内枠が良かったけど少頭数なので問題なし。

 

https://blog.with2.net/link/?id=2001983

東京得意なシンコウラヴリイの一族で、

戦ってきたメンバーも比較的優秀。

あとは、高速馬場がどうか、、、はやって見てですが3着なら。

 

 

2020年マイルCSの予想

マイルチャンピオンシップ

昨日アップしたように、

今回はレシステンシアが作るハイペースを想定して、

その実績のある馬を上位に予想しました!


◎サリオス
堀調教師が絶賛しているという逸材で、
コントレイルのいる中距離の2戦は敗れましたが、
マイルでは古馬相手でも負けられません。
デムーロもかなり気合いが入っているでしょうし、
ジャイアントキリングが得意なジョッキーなので、
かなり勝利に近い本命と見ています。

レシステンシアが逃げてハイペースになる事が予想されますが、
阪神マイルのハイペースは朝日杯で経験済み。
早い時計も何も問題なく、
大型馬なので大外はかえって良かったと考えています。

ハーツクライ産駒なので、
抜けた1番人気がいるレースで2番人気なのも良い。

 

○レシステンシア
阪神JFでハイペースで独走からの、
チューリップ賞で溜め逃げを打って一度鞍上をクビになった北村友一との再コンビ。

まず間違いなく悔いの残らないハイペース逃げをすると思いますので、
1000通過57秒くらいのレースになると想定。

他馬のキレを削ぐような積極的なレース運びを期待したいです。

 

▲ケイアイノーテック
復調気配。
阪神で開催された中京記念と、

富士ステークスが今回のマイルCSに通じる前傾ラップのレースで、
どちらも外を回らされてロスが大きい競馬でしたし、
中京記念勝馬と着差がほとんどなく、
斤量はこちらが4キロも重かった。

出脚が遅いのでまず後ろからでしょうが、
今回は内枠を引けたので思い切ってロスなく頭を狙うレースをしてほしいです。

 

△グランアレグリア

△ラウダシオン
△ヴァンドギャルド
https://blog.with2.net/link/?id=2001983

マイルCSのラップ分析

今年はレシステンシアの逃げが濃厚なマイルCS

 

そのレシステンシアは久々の北村友一Jとのコンビで、

阪神JFでのハイペース逃げでの圧勝経験&チューリップ賞でのため逃げの失敗から、

今回は悔いの残らないハイペース逃げを行ってくる可能性が高い。

 

そこで、今回のマイルCSと同じ舞台だった阪神JFでのレシステンシアのラップを元に、

それに近いレースはどれだったのか??

まとめて分析してみました。

 

阪神JF(19年) レシステンシア

ラップ 12.2 - 10.5 - 11.0 - 11.8 - 12.0 - 11.2 - 11.5 - 12.5
ペース 12.2 - 22.7 - 33.7 - 45.5 - 57.5 - 68.7 - 80.2 - 92.7 (33.7-35.2)

 

朝日杯FS(19年) サリオス

ラップ 12.2 - 10.5 - 11.1 - 11.6 - 11.8 - 11.8 - 11.6 - 12.4
ペース 12.2 - 22.7 - 33.8 - 45.4 - 57.2 - 69.0 - 80.6 - 93.0 (33.8-35.8)

 

中京記念(20年)※阪神開催 メイケイダイハード

ラップ 12.3 - 10.5 - 11.2 - 11.8 - 11.7 - 11.3 - 11.4 - 12.5
ペース 12.3 - 22.8 - 34.0 - 45.8 - 57.5 - 68.8 - 80.2 - 92.7 (34.0-35.2)

 

富士S(20年) ヴァンドギャルド

ラップ 12.4 - 10.6 - 10.8 - 11.6 - 12.0 - 11.5 - 12.2 - 12.3
ペース 12.4 - 23.0 - 33.8 - 45.4 - 57.4 - 68.9 - 81.1 - 93.4 (33.8-36.0)

 

スプリンターズS(20年) グランアレグリア

11.9 - 10.1 - 10.8 - 11.5 - 11.9 - 12.1
11.9 - 22.0 - 32.8 - 44.3 - 56.2 - 68.3 (32.8-35.5)

 

NHKマイル(19年) アドマイヤマーズ

ラップ 12.0 - 10.4 - 11.5 - 11.9 - 12.0 - 11.3 - 11.3 - 12.0
ペース 12.0 - 22.4 - 33.9 - 45.8 - 57.8 - 69.1 - 80.4 - 92.4 (33.9-34.6)

 

 

今回の出走馬のハイペース適正(特に前半3Fが33秒台)が高そうな馬を調べて見ましたが、

人気サイドでは

●グランアレグリア阪神CスプリンターズS

●サリオス(朝日杯FS

●アドマイヤマーズ(NHKマイル)

●インディチャンプ(なし)

●レシステンシア(阪神JF

●ラウダシオン(小倉2歳SファルコンSNHKマイル)

●ヴァンドギャルド富士ステークス

 

などが好走例として該当しました。

このうち2歳戦ではありますが、

同じ舞台で実績があるのは3歳のサリオスとレシステンシアですね。

レシステンシアは自身で刻んだラップであり今回も逃げ濃厚なので、

再現可能性は高そうであとは状態次第といったところ。

 

一頭、穴馬として面白そうなのはこの馬!

https://blog.with2.net/link/?id=2001983

 

 

中京記念は外々を回されてしまったものですし斤量も差があった。

前走も大外を回らされましたが、

今回は内枠を引けたので思い切って内でロス無く進めれば。

 

若干の出遅れグセがあるので、

ハイペースになるのが逆に良い方に作用すれば・・・馬券内はあってもおかしくないと見ています。

 

 

 

2020エリザベス女王杯の予想

エリザベス女王杯

今年は阪神2200という宝塚記念と同じ特殊コースで行われますね。
すごい好きなコースで、
梅雨の宝塚記念は馬場も悪化してめっちゃタフなレースになりますが、
今年は馬場は良さそうですね。

なかなかこれと言った馬が見つからず、、、
思い切って宝塚記念で穴を空けている牝馬と同じ血統パターンの馬のみを買うことにします。

ディープインパクト×ミスプロ(とくにキングマンボ)×ヌレイエフ(あるいはサドラー)のパターンで、
この組み合わせからはミッキークイーンマリアライトデニムアンドルビーヴィルシーナが穴を空けています。(ヴィブロスも僅差4着でした。)


ミスプロ的なスピードとパワーにヌレイエフ、サドラーなどタフな芝や坂向きのスペシャル牝系の血が向く舞台と見て。

 

◎ソフトフルート(ディープ×キングマンボ)

 

https://blog.with2.net/link/?id=2001983(ディープ×エンドスウィープ×ノーザンテースト

 

▲ラヴズオンリーユー(ディープに母母がキングマンボ全妹)

 

https://blog.with2.net/link/?id=2001983(ディープ×ミスプロ系ホークウィング×ヌレイエフ産駒パントレセレブル
シンガリ人気ですが全弟トーセンカンビーナが阪神大賞典で2着で、
血統的なポテンシャルで大穴を、、、笑

 

 

◎、○からの馬連ワイド流しで穴を拾えれば、、、という買い方で😄

 

2020年10月の一口馬主収支

10月はレッドクレオス、レッドライデンなど期待馬の出走があったものの、

ライデンの凡走が予想外で収支は1万円以上のマイナスになってしまいました・・・

 

カルムも勝ち上がり以後苦しんでいて、

条件変更を試してほしいタイミングになってきました。

 

11月もクレオス、ライデンの出走があったものの、

プラス圏に持ってくるのはなかなか厳しい状況。

 

少しでもマイナスを少なくして、

12月の最終月に望みを繋げていきたい!

 

2020年10月収支
   
【支出合計】 27,170
■ノルマンディーOC  
出資馬 支出
プレシャスメール(2口) 2,290
月会費 1,100
合計 3,390
   
■東京サラブレッド  
出資馬 支出
レッドフレイ 1,500
レッドランサー 1,500
レッドクレオ 1,500
レッドスプリンガー 1,500
レッドカルム 1,500
レッドライデン 1,500
レッドルピナス 1,500
ルージュフェリーク 1,500
ルージュジェイム 1,500
レッドメデューサ19 7,200
月会費 3,080
合計 23,780
   
【収入合計】 15,520
■ノルマンディーOC  
出資馬 収入
プレシャスメール(2口) 0
合計 0
   
■東京サラブレッド  
出資馬 収入
レッドフレイ 0
レッドランサー 0
レッドクレオ 8,257
レッドスプリンガー 0
レッドカルム 1,899
レッドライデン 925
レッドルピナス 4,439
ルージュフェリーク 0
ルージュジェイム 0
合計 15,520
   
2020年10月総合計 -11,650

 

 

今年は収支が苦戦していますが、

引退馬が0頭だというのも大きな要因であり、

来年の年次分配の繰越も期待出来るので、

なんとか乗り越えたい時期ではあります・・・

 

皆大きなケガや病気もなく頑張ってくれているのは何より。

無事に来年を迎えられますように(^^)

2020年アルゼンチン共和国杯の血統予想

アルゼンチン共和国杯
◎サンアップルト
条件戦時代から非根幹距離に強かった馬で、
日経賞は強力なメンバー相手に惜しくも4着でした。

オールカマーは離されてしまいましたが、
ドスローからのスピード戦になり向かなかった可能性が高く今回のレース予想には参考外でいいかな、と。

アルゼンチン共和国杯は毎年トニービンとロベルトの血がかなり強いレースなので、
母母父にとトニービンをもつのも○
ゼンノロブロイルルーシュで実績があるので。

 

オーソリティ
勢いに乗ったルメールが乗る青葉賞馬。
母父シンボリクリスエスがロベルト系。

△サンレイポケット


ジャングルポケットトニービン系。

△ラストドラフト


父は延長×左回りで強いドイツ血統の種牡馬で実績上位

 

https://blog.with2.net/link/?id=2001983
トニービン系×母父ロベルト系で昨年の実績馬
人気薄の中では実績最上位で、
この人気は美味しすぎないか、、、と思います!

出資馬たちの近況(2020年11月)

 

プロフィール|レッドクレオス (ハーツクライ×サセッティ) |現役馬情報|TOKYO THOROUGHBRED CLUB. OFFICAL SITE

 

明日の東京12R。

ついに東サラで一口馬主を初めて以来3年半で、

初めてクラブの出資馬同士が激突するということになってしまいました。。。

 

過去に一度、

実質ラストチャンスとなった札幌の未勝利戦で、

東サラのレッドクレオスとノルマンディーのソルパシオンが激突してしまう悲劇が有りましたが、

東サラ同士の対決は初めてとなります。

 

特に最近は安定感を増してきているものの、

なかなか勝ちきれないレッドクレオス。

 

逆に安定感はないものの、

展開がハマれば爆発的な末脚を発揮出来るレッドライデン。

 

なんとも複雑な心境ですが、

ワンツーを決めることも無理ではなさそうなメンバー構成です。

2頭ともまずは無事にレースを終えてほしいですが、

やはり期待してしまいますね(^^)

 

■5歳世代

レッドフレイは初のOP戦を苦い結果で終えてしまいましたが、

再度同じ舞台でのリベンジをかけて12月12日(土)の師走Sを目標に、

調整を行っています。

 

年末の中山ダート1800は、

2戦目となる500万下で優秀なタイムで強い勝ち方をした舞台です。

 

前走は458kg(-10)という馬体重の減や、

苦手とする(と私は見ています)前傾ラップになってしまった事。

そしてやはりOPの壁か、今までのようにスムーズに先行させてもらえなかった事など、

敗因が重なってしまった感じがしました。

 

もう一度強く、安定したレッドフレイが帰ってきてくれると思います。

今から楽しみで仕方有りません!

 

レッドランサーは2勝Cでもがいています・・・

どうも4歳の後半くらいからずるさを出してきているようで、

気性面も大きな敗因の一つになっているようです。

全く安定感がなく、馬券的にも信頼できない馬になってしまいました。

 

中内田厩舎はやはり2歳〜3歳暮れまでをピークとしている馬が多い印象で、

ランサーも残念ながら、再浮上せずキャリアを終えてしまうことも、

少しづつ覚悟してきているような状況です・・・

なんとかきっかけをつかもうと厩舎も外厩も工夫してくれているようなので、

なんとかあと1勝を!と願っています。(次走は未定)

 

■4歳世代

レッドクレオは明日の東京12Rに出走します。

戦績と絶好調のTOPジョッキールメールの騎乗で、

1番人気になるでしょう。

 

しかし実力と安定感はあるのですが、、、

ハーツクライ産駒らしくなかなか勝ちきれない馬で、

抜け出すとソラを使ってしまうという大きな弱点を抱えています。

 

単勝でいうと、

馬券的妙味は他の馬にあるのかな・・・とも思いますが、

それでも実力最上位は間違いないのでなんとか勝って大舞台まで駒を進めてほしい!

この馬が「大器」であるという意見は、今も変わっていません(^^)

 

レッドスプリンガー外厩のセイクリッドファームで復帰に向けて調整中。

地方転出以来惜しいレースが続いていますが、

なんとか勝利してきっかけを掴んでほしいと思います。

 

出資馬の中で、完全に馬体のみで出資を決めた唯一の馬なので、

活躍して相馬の自身を取り戻させてほしいです笑

 

プレシャスメールは地方で勝利を重ねて、

中央競馬に帰ってきました!!

石毛厩舎は初めてなのですが、

早い調教をする前に早速来週の福島競馬で出走させるという報に、

ちょっと面食らっています。

 

中央では初のダート戦になるので、

どのくらい通用するものか・・・

この馬の結果次第でノルマンディーの継続をどうしようか考えているので、

なんとか活躍して希望をつないでほしい!

 

■3歳世代

レッドルピナスも明日出走(金沢9R)。

前走は同じ中央未勝利転出馬であった強力な大型馬にマークされて、

苦しいレースでしたが2着健闘しました。

 

この馬は420Kgくらいで未勝利戦を戦っていた馬ですが、

遅生まれでもあったためか、最近になってようやく馬体重が高原安定してきました。

地方で活躍するうちに450〜460kgくらいで安定出来るようになってくれば、

血統的素質もある馬なので中央でも活躍が期待できると思っています。

 

まずは、明日勝利を!!

 

レッドカルムは未勝利脱出後、1勝Cで苦しんでいます。

今日のレースでも惨敗してしまいましたが、コメントによると他馬との接触が会ったのでは無いか、とのこと。

 

血統的には芝の短距離戦線で活躍してくれるだろう、

と思って出資した馬なので、

一度これを期に芝のレースを使ってほしい!

 

レッドライデンは明日の東京12R(2勝C)に出走予定。

この馬の好走凡走はわかりやすく、

とにかくペースが遅く直線勝負になるとダメ。

 

逆にハイペースで他馬が脚を使わされるレースだと、

直線入口当たりから楽に駆け上がって来て上位に食い込む走りを見せてくれます。

あとは重馬場も△

 

なので、「良馬場」「ハイペース」になるレースなら、

馬券的にも買いだと思います。

明日は逃げ馬が1頭しかいないのでどうでしょう・・・

馬場も良さそうだし、枠は最高の枠を引けたのでなんとか流れてライデン向きのレースになってほしいと思います。

 

 

 

■2歳世代

ルージュジェイムは血統的にすごく面白いと思って出資を決めた一頭です。

redfray.hatenablog.com

 

育成中に軽度でしたが骨折が見つかり頓挫してしまっていましたが、

先日ゲート試験を合格し、

なんと12月デビューできるかもというコメントが有りました!!

 

出資理由にも書いたように、

デインヒル2×4のチャレンジングなインブリードを持ち、

近親に2歳時から活躍していたサトノクラウンが居る血統。

 

早熟性とスピードを遺憾なく発揮して、

願わくば桜花賞出走の夢を見せてほしいと期待しています(^^)

 

ルージュフェリーク外厩山元トレセンで帰厩に向けて調整中。

追いきりに近い早めの時計も出していて、

おそらくジェイムと同じく12月にはデビュー出来るかな?

という感じです。(ゲート試験は合格済)

 

この馬も血統的にかなり楽しみにしていて、

ゴールデンホーン産駒の牝馬で母系が欧州の名牝系という馬なので、

芝の中距離で活躍してほしいと考えています(^^)

(多分ジェイムとはぶつからないかな・・・笑)

 

まあ、いろいろありますが、

基本的には皆健康で頑張ってくれていて、

楽しませてもらっています。

 

これからも何より無事が第一で、

頑張ってほしいと思います!

 

 

2020年11月