【ノルマンディー】2021年三次募集馬評価(ハロックラインの19)

ハロックラインの19(牝馬 社台ファーム) 2月12日産まれ

栗東・茶木太樹厩舎入厩予定 募集総額 1,200万円/1口出資額 30,000円

 

 

馬体・歩様面

牝馬とはいえまだ全体的に肉付きがイマイチで、

もう2段階ほど成長がほしい感触の馬体。

 

歩様も調教動画も力強さは感じず、

まだまだ成長してこないと勝ち上がりどころか未勝利戦で好走するのも難しいのかな・・・という感じです。

 

馬体は胴長で細身で、

芝の中距離~長距離向きの印象。

ハービンジャー産駒だし牝馬だし、

ダートでつぶしが効くタイプではないのは明白ですね。

 

血統面

馬体や歩様はほとんど魅力を感じませんが・・・

そりゃそうですよ、という感じ。

この価格でこの血統で馬体まで完成度が高いわけないですもんね(笑)

 

血統は素晴らしいの一言で、

ハービンジャー×キンカメの成功パターン(モズカッチャン、ブラストワンピースなど)に、

母母父がサンデーサイレンス、母母母父マキャヴェリアンと、

日本の芝適正MAXの血が勢ぞろいしていて、

かつアサクサデンエンヴィクトワールピサを輩出しているホワイトウォーターアフェアの牝系。

 

父も母方も欧州よりの血統構成なので、

早熟性が劣って完成度が低いのは致し方ないところ。

 

いろいろ減点材料、不安材料(一度目のセールで主取りになった事や、落札価格の安さなど)は有りますが、

血統重視派としてこれだけの血統馬がこの価格で募集されるなら、

厩舎が新規開業であろうと可能性の方に賭けて見たくなる馬だと思います。

 

ハービンジャー産駒の牝馬で重賞クラスの馬は、

皆総じて母系が重賞馬を出すような筋の通った母系ですが、

その中に入って勝るとも劣らない名牝系の出身の馬ですからね。

 

総合評価

総合評価は〇にしました。

もう一度言いますが、馬体も歩様も含めて、

これだけの血統馬でこの価格なので不安要素が強いのは当たり前で、

ピンかパーの馬だと思います。

 

ただ、この価格なら可能性の方を追いかけてダメだったら諦める、

というスタンスの方が楽しめるかなと思えるくらいの血統馬です。

【ノルマンディー】2021年三次募集馬評価(テーオーティアラの19)

テーオーティアラの19(牝馬 森政巳) 4月18日産まれ

美浦・蛯名利弘厩舎入厩予定 募集総額 1,080万円/1口出資額 27,000円

 

北海道セプテンバーセールで539万円で落札された馬です。

なので、募集価格はまあ妥当なところなのではと思いますね。

 

 

馬体・歩様面

少しトモ高でまだ成長途上感が強く感じるも、

全体的なバランスは〇

馬体重も最新の更新で452kgという事ですから、

標準~やや小柄なバランスのいい馬体という印象の立写真です。

 

表情もすっきりしていて、好印象です。

 

歩様、調教動画も良いと思いました!

やや首が下がり気味なのが気になりましたが、

総じて落ち着いて歩けていて身体の使い方も上手い印象です。

 

血統面

アイルハヴアナザーは勝鞍のほとんどがダートで、

ダート専用種牡馬と言っても過言ではないような成績。

自身がミスプロ4 x 4、ダンチヒ4 x 4、ノーザンダンサー5 x 5 x 5という多くのインブリード、クロス持ちの種牡馬なので、

繁殖牝馬にはアウトブリード配合となる血統の馬を迎えたいところ・・・

 

なので5代アウトブリードのテーオーティアラは、

相手としては良かったのではないでしょうか。

 

スペシャルウィーク×ポンペイコート(プリンスキロ系ダート中距離馬)×ブリガンド(スターキングダム系芝重賞勝ち馬)

という母方の累代配合で、

この馬自信は馬体や血統からは、芝でも戦えそうな印象を受けます。

 

総合評価

総合評価は▲です。

これで厩舎が違えば芝馬としても見たかった感じは有りますが・・・

蛯名(利)厩舎は勝鞍のほとんどがダートという厩舎ですからね。

 

うーん、なんかイマイチかみ合わなさを感じてしまいます。

しかし馬自身は、価格を考えると良いのではないでしょうか。

【ノルマンディー】2021年三次募集馬評価(エターナルサーガの19)

エターナルサーガの19(牝馬 今川満良)4月3日産まれ
美浦加藤和宏厩舎入厩予定 募集総額 760万円/1口出資額 19,000円

 

 

 

馬体・歩様面

中距離ダートに適正を示しそうな馬体で、

繋ぎは立ちぎみ。

 

馬体重は現状で446kgということですから小柄な部類ですが、

写真で見るとそんなに小柄さとか線の細さのようなものは感じません。

反面成長の余地はまだありそうな幼めの肩周りや腰回りの馬体で、

変わり身は大きそうな感じはしますね。

 

歩様動画も特に悪いところはなく、

調教映像も体をまだうまく使えていない感じはしますが、

特に問題は感じませんでした。

 

血統面

バトルプランエンパイアメーカー系の種牡馬なので基本はダートですが、

ブレスジャーニーやライオンボスなど芝で走れる産駒も出していますので、

一概には言えないかな。

 

この馬はバトルプランブライアンズタイムなので、

父と母父が似た配合のブレスジャーニーが引き合いに出されていますが、

ブレスジャーニーは母方のサンデーサイレンスの血やダイナカール牝系の影響も大きかったハズなので、

母父ブライアンズタイム×母母父スキャン(ミスプロ系ダートマイラー)で、

一族の多くが地方競馬で走っているこの馬は、

まあ適正はダートでしょうね。

 

総合評価

総合評価は✕にしました。

やはり明らかにダート適性の馬で、成長が見込めそうとは言え2歳のこの時期に小柄な牝馬に出資するのは、

いくら安い馬でもリスクが大きすぎる(期待が低すぎる)かなというのが、

結論です。

 

【ノルマンディー】2021年三次募集馬評価(イッツマインの19)

イッツマインの19(牝馬 岡田スタッド)4月17日産まれ
栗東昆貢厩舎入厩予定 募集総額 920万円/1口出資額 23,000円

 

 

馬体・歩様面

現状で438kgと小柄な馬で、

そのあたりは立ち写真の印象通りですね。コンパクトさを感じます。

 

短距離の芝向きの体型をしていると見えますので、

そのあたりもイメージ通りな感じ。

背中が短く曲飛ぎみですし、持続よりはキレを活かすタイプなんじゃないかな?

と思いますね。

 

歩様、調教どうがも良くも悪くも特別強く印象を受けるところは無かったです。

 

一点だけ・・・

後脚の繋の角度の左右のバランスの悪さが写真では気になりましたが、

動画ではさほど気にならなかったので写りの問題かも知れません。

 

血統面

マツリダゴッホはノルマンディーではおなじみの種牡馬で、

適正は芝短距離〜マイルが中心。

母父メディシアンはイギリスで活躍したマキャベリアン系の芝マイラーで、

少ないサンプルの中でアドマイヤマーズ(父ダイワメジャー)、フレッチア(父 Dansili)の兄弟や、

母シユーマのディープインパクト産駒であるブレステイキング、ヘリファルテ、メッシーナの兄弟を出していて、

母父としての日本実績は◯

 

 

このあたりでも記載しましたが、

マツリダゴッホは特に古馬になると自身の我を伝えますが、

母方の血の影響もしっかりと反映させる種牡馬だと思っています。

 

イッツマインの19は早くから重賞戦線で活躍しラジオNIKKEI賞を勝った、

ウインマーレライと血統構成が似ています。

ともに父マツリダゴッホで母父がミスプロ系に、ヘイローの3×5のクロスや、

ダンチヒの血を持っていて仕上がり早めの印象。

 

クラブのコメントでも5月を過ぎて育成が一気に進捗したようで、

年内からの活躍も見込めるのではないかなと思います。

 

総合評価

総合評価は◯にしました。

この価格なら楽しみのほうが大きいかなと思いましたし、

血統も良い。

昆貢厩舎は好きな厩舎で一度出資してみたいと思っていたので、

そういった意味でもいい機会かなと。

これは出資候補の一頭としたいです!

【ノルマンディー】2021年三次募集馬評価(マサカーネの19)

マサカーネの19(牡馬 石田牧場)3月15日産まれ
美浦尾形和幸厩舎入厩予定 募集総額 1,280万円/1口出資額 32,000円

 

北海道のトレーニングセールで、836万円で落札された馬です。

 

 

馬体・歩様面

この馬はす530kgを超える大型馬ですね。

立ち写真を見ると、馬体全体のバランスやボリューム感は良いと思います。

繋の長さや後肢の角度も標準体型で、

恐らく適正は芝マイルのあたりの持続戦になるのかな、と。

 

ただ顔つきや歩様動画からは凡庸さというか、

少し鈍重な印象も受けますので、

芝マイルや短距離で勝負していくにはもう一つ、二つ変わってこないとスピード負けしそうかな・・・という印象です。

 

血統面

トワイニング産駒の母、マサカーネは、

中央で勝ち上がれず地方競馬に転籍したあと、

40戦のキャリアを積んで園田で1勝を上げた馬。

 

そこにナイスダンサー(カナダの重賞6勝馬ナイスネイチャの父)、ゲイルーザック(伊ダービー、伊ウランクリテリウムなどを制し、日本でも種牡馬として活躍)というレトロな血統で、

近親に目立った中央平地の活躍馬もおらず、

殆どが地方馬ですから・・・

母の8番仔であり、産駒重賞が未だ1勝のジョーカプチーノ産駒のこの馬が、

いきなり目覚ましい活躍をするとはなかなか考えにくい・・・(^_^;)

 

総合評価

総合評価は△にしました。

価格も手頃ではありますが、それを考えても魅力を感じにくい馬で、

私は評価出来ませんでした・・・

まだ緩いこれからの馬なので、変わり身を期待。

【ノルマンディー】2021年三次募集馬評価(ピュアフレグランスの19)

ピュアフレグランスの19(牡馬 飯岡牧場)4月12日産まれ
栗東・畑端省吾厩舎入厩予定 募集総額 1,120万円/1口出資額 28,000円
 

 

馬体・歩様面

血統に関しては後述しますが、

芝にせよダートにせよ、この父の産駒の適正は明らかに短距離ですから、

それを考えると筋肉量が不足しているように見え、

かつこの寝ぎみの繋ぎと曲飛な後肢も前半のダッシュ力というかスタート直後の加速力にはマイナスになりそうな印象で・・・

歩様も調教動画も特別目を引くものは感じられませんでした。

 

顔つきからも若干幼さというか弱々しさのような印象を感じます。

 

血統面

メイショウボーラーは日本最強スプリンター・マイラーだったタイキシャトルの産駒で、

自身も産駒も適正は芝ダートのスプリント戦。

そこにウッドマン系のヘクタープロテクターで、

ヘクタープロテクターという種牡馬は、母父に入るとアドマイヤメインやワンスインナムーン、ブラックエンブレムと、

賞金上位の活躍馬はイメージ以上に芝向き。

そしてG1では少し足りないというのが上級産駒の特徴。

ブラックエンブレム秋華賞は事故的高配当でしたし(^_^;))

 

そこに万能なニジンスキー、ダート向きなバックパサーという血が入りますから、

結局この馬の適性も6:4で芝、くらいな感じで兼用なのかなと。

 

総合評価

総合評価は△にしました。

これで一次募集の時期であれば成長期待・・・という面も有るでしょうが、

現段階でこの馬体では少し頼りなさすぎるのと、

決して晩成の血ではないと思いますので、

やはりある程度シビアに今の状態で判断しないとな、というところです。

 

価格は、たしかに安めですけどね。

【ノルマンディー】2021年三次募集馬評価(デリキットピースの19)

さて、お次はキンカメ産駒のラストクロップという、

非常にエモい(?)一頭です。

 

※ちなみに・・・総合評価は◎、◯、▲、△、✕の5段階評価でいきたいと思います。

 

デリキットピースの19(牡馬 社台ファーム)3月26日産まれ 
栗東・吉岡辰弥厩舎入厩予定 募集総額 2,960万円/1口出資額74,000円
 

 

 

 

馬体・歩様面

526kgと雄大な馬格を誇る大型馬です。

しかしクラブからのコメントにも有るように、

まだまだ成長、良化の余地が大きいと感じられる馬体で、

トモ高で立派な馬体なのに少し若さというか幼さのようなものを、

まだ感じます。

 

全体的に比較的シャープな体つきで繋ぎはやや長め。

適正イメージは芝の中距離で持続性を発揮する馬という印象です。

 

良血馬らしく、顔つきも馬体も欠点が無さそうで、

歩様も調教動画もこれと言って文句の付け所のない馬に見えます。

この価格なら十分納得出来る水準ではないかと!

 

血統面

上記したように、偉大すぎる功績を残した父キングカメハメハのラストクロップという事で、その点でも注目が集まります。

母父ホワイトマズルはリファール系の中距離馬で、

アサクサキングスイングランディーレニホンピロアワーズなど個性的な名馬を輩出したサイアー。

 

母母父サンデーで母も牝馬クラシック戦線で活躍した芝馬でしたので、

この馬自身も芝適性の高い中距離馬としての活躍を期待したいですね。

 

※ちなみに・・・父キングカメハメハ×母父ホワイトマズルの組み合わせはセンチュリオン以外これと言った活躍馬が出ていないのが不安点ですが・・・

そもそもサンプルが少ないので、そこはあまり気にしなくても良いのかもしれません。

少しチャレンジングですが。

 

総合評価

総合評価は◯にしました。

価格は確かに高い・・・ですがそれだけいい馬に見えますし、

あくまでもノルマンディーの募集馬としては高いというだけで、

他のクラブでこの血統なら募集総額は4,000万円くらいいきそうな馬なので。