ノルマンディー2021年一次募集馬所見③

ニホンピロルピナスの20

 

シビルウォーはダート中距離でキャリアを重ねて51戦し、

地方重賞など11勝を上げた馬主孝行な馬。

 

しかし産駒はこれといって目立った活躍馬を出せていない現状。

 

母のニホンピロルピナスは何と言っても、

ジャパンカップダートで後続を千切って最高の形でG 1を制覇したニホンピロアワーズを出しています。

ただ、それも大分前の話になりますね。

その後兄に匹敵するような産駒は出せていない状況で、

この馬はアワーズから数えて11番目の子で、

今から覚醒的な馬が出てくるという期待は持てず、、、

 

1320万円募集ということは、

落札価格の倍での募集ということで、

これは安くない買い物だなと思ってしまいますね(@_@)

 

ハートオブスワローの20

 

こちらもセールでの落札馬。

814万円で落札されて、1480万円での募集。

 

ラブリーデイハーツクライオークスイソノルーブルの牝系の馬ですから、

芝中距離、特に東京2400mのレースは是非とも見てみたいところ。

 

しかしここでもやはり父の産駒成績が冴えない事と、

何より父の産駒がイメージと血統以上にスプリント寄りに出ているところが気がかり。

 

たとえ中距離適正の高さを持っていたとしても、

そこは良血英才教育のノーザンファーム生産馬が綺羅星のごとく待ち受けている舞台。。。

 

なにかと出走レース選択や勝ち上がりに苦そうなイメージが、

血統面からは感じ取れてしまいますな(T . T)

 

フォーミーの20

ストームキャット系の父ディスクリートキャットに、

ダート短距離で堅実に走っているグラウシュトラール(父スウェプトオーヴァーボード)を出した母フォーミーの組み合わせ。

 

母フォーミーのダート適正は、

その母父であるマルゼンスキーが持つバックパサー由来ということを考えると、

北米のダート適正豊富なレジェンド的な血を多く抱える父が、

同じくバックパサーを名牝Numbered Account経由で保持している事は面白い材料なのではないかと。

 

これは、馬体と測尺に注目したい一頭ですね!

 

 

ノルマンディー2021年一次募集馬所見②

東サラではおかげさまでかなり走る馬達に出資されてもらっていますが、

サブクラブとして入会したノルマンディーさんでは、

未だに「中央競馬未勝利」という悲しい状況、、、

まあ、まだ3頭しか出資馬がデビューしていないとはいえ、ね(^o^;)

 

だからこそ、今年の募集馬選びにかける想いは人一倍!なわけでして。

芝でもダートでも短距離でも中距離でも、

とにかく中央で勝つ馬に出資すべく鋭意出資馬選びをしていきたいと思います(^^)

 

ジェルヴェーズの20

 

父は新種牡馬で、アメリカの芝G1を3勝したビーチパトロール

その父は母方は北米のダートバリバリの血統ですが、

キンギマンボ系のレモンドロップキッドに母父はファピアノ系ですから、

日本の芝でも適正充分といった組み合わせ。

今後、産駒に出資してみたい種牡馬の一頭です。

 

母はジェルヴェーズはブエナビスタ世代のクラシック候補だったジェルミナルの子で、

メイショウサムソンの産駒。

(ジェルミナルは、阪神JFで本命にした思い出の馬、、、(>_<))

芝でデビューして2戦は惨敗で、

ダートで3着するもその後勝ち上がれず地方競馬でも惨敗して引退。

 

スピードが足りなかったのでしょうか。

メイショウサムソンもですが、ジェルミナルは母系も結構重たい欧州血統ですのでね。

そう考えると、このスピード溢れる父との組み合わせは期待したい!

 

千田厩舎でこの価格と地味枠(失礼)な馬ですが、

短距離はそこそこやれる厩舎というイメージですし、

馬体などを見て出資検討するのはいいかもしれません。

 

セイントリースカウトの20

 

ダンスディレクター産駒。

かなり安いですね。本間厩舎なので地味わa(失礼)

 

 

父は日本の芝スプリントで活躍した1.5流馬で、

ミスプロ産駒のアルデバランにサンデー×トニービン×マルゼンスキー×テスコボーイという、

歴代の日本競馬を支えて来た殿堂入りの種牡馬達の組み合わせという、

そういった意味での超良血馬。

 

母のセイントリースカウトはアメリカのスピード溢れる血統の馬ですが、

産駒はミッキーバラードがダートで4勝している以外は、

地方で走っていてあまり目立たない。。

しかしそのミッキーバラードもミスプロフサイチペガサスの産駒なので、

その他の産駒はほとんどサンデー系種牡馬ですから、

ミスプロ系に戻ったこの馬は相性面で少し期待してもいいかも?

 

まあでも、よほど馬体写真などで惹かれるものがなければ、

出資検討には乗ってこないかな(^o^;)

 

ニシノマドカの20

 

サマーセールの落札馬。

770万円で落札されて、、、1440万円募集。

 

たけぇ(^o^;)

 

 

鈴木厩舎も和田竜二松山弘平といった職人系ジョッキーと相性が良く活躍しているので好きな厩舎なんですが、、、

 

ダノンバラード産駒のセール購入馬でこの価格は、

たけぇよノルマンディーさん(^o^;)

 

ということで、おそらく出資検討はしないかな、、、という一頭です。(ダノンバラードファンの方すみません(>_<))

ノルマンディー2021年一次募集馬所見①

ノルマンディーの2021年募集馬がラインナップ発表されました!

 

まだ馬体写真はこれからのようですが、

血統重視の出資判断をする私としてはこの段階である程度印をつけて、

その後に馬体や測尺などの条件で判断をしています。

 

特にノルマンディーでは馬体だけで選らんで、

ダノンシャンティトーセンラーなどの走らない種牡馬の産駒に期待してしまった経験もあり、、、(^o^;)

今年はよりシビアに血統面での篩をかけていきたいところ!

 

では、一頭ずつ雑感を

(※あくまでも現段階の個人的見解なので、悪しからずご了承下さい。)

 

エーデルメイシュの20

 

父はドバイゴールデンシャヒーンを連覇した、

デピュティミニスター系ダートスプリンターの新種牡馬マインドユアビスケッツ。

 

母はノルマンディーの40口募集馬で、

キャリアの絶頂、500万→1000万勝ち直後に引退したヴィクトワールピサ産駒。

母の母系はディープインパクトでお馴染みのハイクレアの牝系ですが、

ウインドインハーヘア経由ではなく、

ウインクリューガーなどを出したインヴァイトの経由。

(ソルパシオンも、この系列でした(^^))

 

この馬も、母と同じく40口募集ですね!

クラブとしては2世牝馬として期待したいところでしょうし、

ソルパシオンもそうですが結構この牝系の募集馬を見かけるので、

牝系を繋ぐ意味でも期待したい馬なのではないでしょうか(^^)

 

牝馬でスプリント~マイルが適正になりそうな血統ですが、

そうなるとやっぱり芝で走ってほしいと思うのですが、

父マインドユアビスケッツはそのあたりがまだ未知。

Deputy Ministerが強い馬でミスプロのクロス持ちと、

スピードとパワーには優れていそうなので、

あとはどれだけ芝でやれるかな?というのは馬体で見極めて、

父の芝適正を祈りましょう(笑)

 

クロフネフレンチデピュティデヒアなんかも、

芝で走る産駒を多数出していますので、

母系を見るとやれそうな気はしますけどね(^^)

 

厩舎は中舘厩舎で、ソルパシオンでお世話になりました。

レースにはかなり使ってくれ、

未勝利の馬ながら良く見てくれた印象で応援している厩舎、、、(^^)

40口出資なので私は出資はしないと思いますが、

価格は妥当~やや高めという印象かな。

 

キタサンメジャーの20

 

ノルマンディーがサマーセールで購入した馬のようですね。

村田牧場産でディープボンドやモスベッロやソリストサンダーなどが活躍している牧場の出身馬。

 

ヘニーヒューズダイワメジャーに2代母がローレルゲレイロを輩出したビッグテンビー(母キタサンメジャーがローレルゲレイロの半妹)ですから、

そんな馬が高木厩舎に入厩したら、

これはもう短距離ダート一択でしょう(笑)

 

価格は、、、たけぇ(^o^;)

ヘニーヒューズは毎年右肩上がりで種付け料が上がっている人気種牡馬ですし、

母系からローレルゲレイロが出ているとはいえ、

母は競走成績は散々な未勝利馬でしたからね、、、まだ繁殖としても実績は無いし。

落札価格も1,595万円ですからね。

やるねぇ、ノルマンディーさん。。。

 

まあ、非常に馬体の出来が良いのかも知れませんし、期待して見てみたいと思いますが、

おそらく出資はしないかな、と(^o^;)

 

ギャラクシーセレブの20

 

エイシンフラッシュ産駒!

ずっとモンスター級の産駒を出すと期待しているものの、

なかなか配合相手にも恵まれていない印象で、

まだ一流種牡馬になれていない期待のエイシンフラッシュ産駒!

 

古き良きエリモの牝系の馬で、

母父ブラックタイドに母母父は凱旋門賞仏ダービーを勝ったパントレセレブルという組み合わせ。

一族からはステイヤーズSを勝ったエリモブライアンや、

同レース2着のエリモシャルマン

オークス勝ちのエリモエクセルなど。

3代母エリモファンタジーはチチリヴァーマンのスタミナを良く伝える繁殖。

 

うーん、ズブそう(^o^;)

 

スタミナや底力は感じますが、

早い芝でやれるかな?という不安がありますし、

かといってダートで期待したい馬ではない。

 

ノルマンディーでは神厩舎となっている杉山厩舎預託なので期待されているのかも知れませんし、

価格的にも人気はかなり集めそうですがね。

エイシンフラッシュには、

もう少しスピードや高速芝適正要素が豊富な配合を期待したいのが個人的意見す(^o^;)

 

2021年セントライト記念の予想

セントライト記念

◎ヴィクティファルス
中山外回りのおにぎり型コースで、
持続的な脚と坂越えのパワーを求められるレース。
過去の好走馬を見ると、
・春に重賞などで好走した中山適正の高い馬
・リファール、トニービン、ロベルトなどの持続型、パワー型の血統が強い馬

が良く馬券になっています。

ヴィクティファルスはスプリングステークスの勝ち馬で、
ハーツくらいにサドラーにシルヴァーホークですから分かりやすいくらい小回り向きの持続型
似たタイプだとグレイルが、中山2000や2200で好走して東京で凡走していました。

重馬場のほうがより良いのでしょうが、
ほかに高い適正を感じる馬が少ないので実績と適正からこの馬の馬券内は固いと見て。

 

○レッドヴェロシティ
今のところワールドエース産駒の代表格になれる可能性の高い馬で、
ノーザンダンサー×ハイペリオン系の持続力と底力を持つビーマイゲストのクロス持ち。
母父シンボリクリスエスが強く出ている小回りベターの大型馬なので、
馬体重は心配ですが今回はチークの効果も期待して、この人気なら。

 

▲タイトルホルダー
ドゥラメンテ産駒で、早世した父の後継種牡馬候補。

モンジュー産駒のモティベイターにシャーリーハイツにビーマイゲストですから、
この馬も中山向きの持続型。
実績最上位で人気でも切れません。

 

△オーソクレースは仕上がり悪そうも実力と鞍上でどこまで、、、

 

△ソーヴァリアントは実力劣るも鞍上が好調で乗れている


★大穴でhttps://blog.with2.net/link/?id=2001983は、
ハービンジャー×ハーツくらいに母系リファールクロスなので前受けしてしぶとく粘れれば圏内もありそうです!

2021年ローズステークスの予想

ローズステークス

◎アンドヴァラナウト
キンカメ×ディープ×エアグルーヴという極めつけの良血馬ですが、
兄弟は意外に条件馬止まり。
この馬も重賞のここは頭まではどうか、、、というところはありますが、父or母父ディープが強い舞台で、
タフなコースなので母系の底力にも期待して。

池添学厩舎の良血馬ということで、
ここで勝っても本番はまあ罠っぽいでしょうが、、、
牝馬限定トライアルのここなら血統適正と素質と鞍上で。

 

エンスージアズム

▲オヌール

対抗は社台ファーム組のディープ産駒。
ディープ産駒は問答無用で買いのコースですし、トライアルレースのここは瞬発力重視で。

 

△タガノディアーナ

 

 

切る馬に良く勝たれるのが最近の傾向ですが、
https://blog.with2.net/link/?id=2001983はとにかく3歳春にピークが多い一族なので、
良血馬ですがそもそもあまり強くないのでは、、、と信じてここはバッサリ。

2021年8月の一口馬主収支

8月は期待馬のルージュラテールが初勝利\(^o^)/

 

有力馬たちが怪我でレース回避をしたり、

ジェイムが結局2戦目へ出走する事なく引退してしまうなど、

受難の夏競馬でしたが、

大きな1勝で花を咲かせてくれました。

 

収支はマイナスでしたが、

そのラテールの勝利とライデンの保険金でなんとか維持費+会費分は賄った形。

 

9月はランサーの2勝C脱出がかかったレースがありますし、

ルピナスや川崎のスプリンガーも出走予定。

好成績を残して、有力馬たちが出走してくる秋競馬に望みを繋げてほしい!

 

 

2021年8月収支
   
【支出合計】 26,573
■ノルマンディーOC  
出資馬 支出
イッツマインの19  793
月会費 1,100
合計 1,893
   
■東京サラブレッド  
出資馬 支出
レッドフレイ 1,500
レッドランサー 1,500
レッドクレオ 1,500
レッドスプリンガー 1,500
レッドカルム 1,500
レッドライデン 1,500
レッドルピナス 1,500
ルージュフェリーク 1,500
ルージュジェイム 1,500
ルージュラテール 1,500
レッドセシリア20 6,600
月会費 3,080
合計 24,680
   
【収入合計】 19,555
■ノルマンディーOC  
出資馬 収入
   
合計 0
   
■東京サラブレッド  
出資馬 収入
レッドフレイ 0
レッドランサー 0
レッドクレオ 0
レッドスプリンガー 0
レッドカルム 0
レッドライデン 5,750
レッドルピナス 1,902
ルージュフェリーク 0
ルージュジェイム 0
ルージュラテール 11,903
合計 19,555
   
2021年8月総合計 -7,018

 

まあ、ほとんどマイナス分はセシリア20の出資金だと思えば、

良いほうかな(^_^;)

 

10月は故障からフレイが復帰!

東京ダート1400のグリーンチャンネルC(OP)を予定しています。

加えてラテールはアイビーS(L)を予定。

このレースはソウルスターリングやクロノジェネシスといった、

名馬を輩出している超出世レースなので是非勝利してほしいです。

(2歳〜3歳春の東京1800で強いレースをした馬って、ホント出世率高いですよね。)

 

加えてカルム、フェリーク、スプリンガーなども出走を表明。

ライデンやクレオスも加わって来れば、

最後の3ヶ月で一気に年間プラス収支にすることも現実的になってきます。

 

受難の夏〜飛躍の秋冬へ。

期待は高まりますが、何よりこれ以上の怪我なく、

そして悔いのないレースをしてくれることを期待しています。

 

 

2021年京成杯オータムハンデの予想

京成杯オータムハンデ
◎カラテ
トゥザグローリー産駒の代表格で、
その父はキンカメ×フェアリードール牝系の権化とも言うべき小回り×急坂巧者でした。

その父にフレンチデピュティゴールデンサッシュの牝系という組み合わせで、
小回り急坂で高速馬場にG3という舞台は絶好で人気でも逆らえません。

ここで勝って次はMCSかと思いますが、
本番では厳しそうなので、
ここでしっかり賞金加算を。

 

○マルターズディオサ
キズナ産駒らしい、トライアル、G3~G2ホースでこの馬も同じく本番は厳しそうなタイプ。

今のところ格に応じた舞台ではきっちりと結果を出してますので、
中山1600マスターの田辺が今週末は多くの選択肢の中からこの馬を選んだという点もプラス加点して対抗に。

 

https://blog.with2.net/link/?id=2001983
オーシャンSで見せた番手で進めるレースは、
この馬の新境地。
要は揉まれないのがこの馬のポテンシャル発揮条件だと考えると、
何としても逃げたい馬や出来れば逃げたい馬が多いこのレースで、
外目の枠から番手のスペースを取れそうな今回の条件は悪くないかと。

比較的前残りの馬場になっていますので、
4番手で少し逃げ争いから離れた「実質逃げ」のズルイポジションを取れたら面白いと思いますし、
中山適正の高さに期待して。