【ノルマンディー】2022年度募集馬㉖ボナマティーナの21

▽評価について

評価は以下の5段階とします。

◎(出資したい!)

〇(おすすめ!)

▲(要検討)

△(様子見)

×(候補対象外・・・)

 

■ボナマティーナの21

 



 

牝馬  2021年3月10日生まれ

生産:新冠・松浦牧場

厩舎:栗東・奥村豊厩舎入厩予定

募集総額:2,000万円

1口出資額:50,000円

 
▽血統面

 

父:キズナ

母父:キングズベスト

母母父:Seeking the Gold

 

一番人気必至のタニノハイクレア21の陰に隠れていますが(?)

こちらもキズナの産駒。

キズナで母父キングベストとの配合ではまだサンプルが無きに等しいですが・・・

ディープインパクト系との配合という意味ではカナロアやエイシンレイマンなどが、

条件戦レベルではありますが活躍。

 

この馬の配合のキーは、

ディープインパクト産駒のパワー面と活力の補完という面で大いに好相性を発揮していて、

キズナの活性源にもなっていると考えられるDamascusの4x4のインブリード

 

ただ、この馬は母がミスプロの3×3という強いインブリードを持っているので、

ややその点でダート寄りのクロスがきつくなりすぎるかな?

という感じはあります。

良い方に作用すればいいのですが・・・牝馬ですしこの小柄さを考えると、

健康面でも気性面でも少し不安な仕掛けではありますね。

 

 

▽馬体面

馬体重は413Kgと小柄。

キズナ産駒は牝馬でも大柄な馬の活躍が目立っていますので、

ココは不安点です。

馬体はややアンバランスで幼い印象。

動画つまり気味で短めのところが向きそうで、

適性は芝かな・・・と。

 

動画を見ても、特段良い感じには見えず成長待ちの一頭かなと言うところです。

 

総合評価:△(様子見)

 

同じキズナ産駒なのでどうしても比較してしまいますが、

タニノハイクレアの方が断然良く見えてしまいますね。

血統も馬体も向こうの方が上で、

価格差を考えても食指は伸びないかな・・・という感覚。

成長に期待。